「音が喜ぶ」傳七茶屋
放送局用レコードプレイヤーと、
映画館でトーキー用として使用されていた
ホーン型スピーカーから流れる音楽が自慢です。
昔ながらの日本家屋をリノベーション。
傳七茶屋は築80年以上の古民家をリノベーション。
昔の日本家屋ならではの趣や佇まいを感じることができます。

新型コロナウイルスの影響によりしばらく休業いたします。

平素より傳七茶屋をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
この度の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、暫くの間休業をしております。
お客様におかれましてはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

傳七茶屋について
当店は県内外からオーディオファンが集まる古民家カフェです。
その秘密は、アメリカ・RCA製の放送局用レコードプレイヤーと、ウエスタンという
映画館でトーキー用として使用されていたホーン型スピーカー(両方とも1930〜1940年代のもの)から流れる音楽が自慢で、
その迫力と臨場感は多くのレコード愛好家から好評を得ています。
オーディオ初心者の方にも音の違いを感じてもらえるかと思います。

店内は築80年以上の古民家をリノベーションしており、
昔の日本家屋ならではの趣や佇まいを感じることができます。
また、傳七茶屋は三条市下田地域に立地しており、
目の前には「駒出川」、奥には下田のランドマークである「八木ヶ鼻」、
スカイレースの世界大会も行われる「粟ケ岳」を望むことができます。
休日にドライブがてら「非日常」を楽しみにお越しになってみてください。